理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

SC18 (11月11日~16日 米国・ダラス) 展示・講演情報

SC18公式ウェブサイト 理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)は、SC18(米国・ダラス)に出展いたします。
【展示は11月12日~15日  ブース: #921】

展示ブースでは、名称を新たにした(※)R-CCSの展望やリーダーシップの紹介、ポスト「京」の開発状況、R-CCSの多様な研究成果、「京」の運用の裏側等の展示を行います。

※2018年4月より、理研AICSは理研R-CCSへ名称変更しました。

SC18

さらに今回はブース内において、特別企画のミニセッション"Tell Us All About Post K"を行います。
会期中に複数回、毎回違うゲストをお迎えし、ポスト「京」開発に関わるキーパーソンたちがトークを繰り広げます。
Q&A方式でオーディエンスの質問にもお答えする予定です。
スケジュールはこのウェブページでお知らせします。ぜひご注目ください。



"Tell Us All About Post-K" Q&A Sessions

11月12日(月)
19:30-20:00

■Session 1
Interview with Satoshi Matsuoka

Tiffany Trader (HPCwireマネージングエディター)
松岡 聡(理研R-CCSセンター長)

Tell Us All About Post Kセッション1の様子
11月13日(火)
11:00-11:30

■Session 2
Tell Us About Post-K's Impact on the Global HPC Market

Earl Joseph (CEO, Hyperion Research)
岡谷 重雄(理研 副理事/R-CCS副センター長)

Tell Us All About Post Kセッション2の様子
11月13日(火)
14:00-14:30

■Session 3
Tell Us About the Post-K System

清水 俊幸(富士通株式会社 次世代テクニカルコンピューティング開発本部 システム開発統括部 統括部長)
石川 裕(理研 フラッグシップ2020プロジェクト プロジェクトリーダー)
佐藤 三久(理研R-CCS副センター長)

Tell Us All About Post Kセッション3の様子
11月14日(水)
14:00-14:30
■Session 4
Tell Us About Post-K’s Impact on the Arm Ecosystem

Eric Van Hensbergen(Fellow and Director of HPC, Arm Research)
松岡 聡(理研R-CCSセンター長)
Tell Us All About Post Kセッション4の様子

 

また展示の他に、セッションではR-CCSの研究者による講演やワークショップ、ポスター発表も予定されています。詳細は下記をご覧ください。


 

  • 【受賞情報】2018.11.14
       [8期連続で「京」が Graph500 で世界第1位を獲得!]
    プレスリリース





  • 【受賞情報】2018.11.14
       [HPCG 世界第3位を獲得]

    HPCGは、Top500の考案者が、時代のニーズに合わせ新たに提案し最適化中の指標。ものづくりを含む産業利用など、実際のアプリケーションで良く使われる計算手法(共役勾配法)での処理速度を評価します。「京」は速さと効率の良さで、世界第1位という大変高い評価を受けています。

 

計算科学研究センターに関連するプログラム

※日付は現地時間

11月11日(日)


 

 


11月12日(月)


 

 


11月13日(火)


 

 

 


11月14日(水)


 

 


11月15日(木)


 

 

主要なランキング発表の日程(予定は変更になることがあります)