理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

ISC 2018 (6月24日~28日 独・フランクフルト) 展示・講演情報

理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)は、ISC2018(ドイツ・フランクフルト)に出展いたします。
【展示は6月25日~27日  ブース: #G-800】

ISC2018 毎年ドイツで開催されるこのISC(International Supercomputing Conference)は、秋に米国で開催されるSC(Supercomputing Conference)と並び、スーパーコンピュータに関する二大国際会議です。Top500Green500Graph500HPCGなど様々なスパコンのランキングの発表をはじめ、多くの講演やワークショップが行われます。
展示ブースでは、名称を新たにした(※)R-CCSの展望やリーダーシップの紹介、ポスト「京」の開発状況、R-CCSの多様な研究成果、「京」の運用の裏側等の展示を行います。

※2018年4月より、理研AICSは理研R-CCSへ名称変更しました。

また展示の他に、セッションではR-CCSの研究者による講演やワークショップ、ポスター発表も予定されています。詳細は下記をご覧ください。

さらに、ISC2017より新たに加わったHPCのプロフェッショナルを志す学生のためのプログラム「STEM Student Day & Gala」では、学生の方々のブースツアーの受け入れや、対話形式での人材育成の取り組みの紹介を行います。興味のある学生の方は、奮ってご参加ください。

※ISC2018についての詳細は、ISC2018 公式サイト(英語)にてご確認ください。

 

  • 【受賞情報】2017.6.29
       [Graph500 世界第1位を獲得]
    プレスリリース





  • 【受賞情報】2017.6.25
       [HPCG 世界第3位を獲得]

    HPCGは、Top500の考案者が、時代のニーズに合わせ新たに提案し最適化中の指標。ものづくりを含む産業利用など、実際のアプリケーションで良く使われる計算手法(共役勾配法)での処理速度を評価します。「京」は速さと効率の良さで、世界第1位という大変高い評価を受けています。

 

計算科学研究センターの研究者による発表やプレゼンテーション

※日付は現地時間

6月25日(月)


 

 


6月26日(火)


 


6月27日(水)


 

 


6月28日(木)


 

 

主要なランキング発表の日程(予定は変更になることがあります)