理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

神戸医療産業都市セミナー「神戸医療産業都市と理化学研究所のさらなる百年」開催(8月4日・東京)

理化学研究所(理研)と神戸市は8月4日(金)、丸ビルホールで神戸医療産業都市セミナー「神戸医療産業都市と理化学研究所のさらなる百年」を開催します!

理研は、2002年4月には神戸市が推進する「神戸医療産業都市構想」の中心研究機関として神戸キャンパスを開設しました。今回、関係自治体、産業界及び大学とともに、今後の百年に向けた新たな船出の機会として、神戸キャンパスで進めている最先端の研究成果を披露いたします。

計算科学研究機構からは、粒子系生物物理研究チーム の小林千草研究員が「タンパク質の大規模構造変化を解析するシミュレーション手法の開発」と題し講演を行います。計算機シミュレーションは、タンパク質などの生体内高分子の構造予測・モデリングや、運動・ダイナミクスの理解に広く使われていますが、講演では、スーパーコンピュータ「京」などの超並列計算機の性能を活かすシミュレーション手法の開発、適用例について紹介します。

定員300名となっておりますので、お早目にお申込みください。

皆様のご来場をお待ちしております。

開催日時 8月4日(金)14:00-18:00
(受付開始 13:30)
場所 丸ビルホール (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
参加費 無料
定員 300名(要事前申込)
詳細 神戸医療産業都市セミナー「神戸医療産業都市と理化学研究所のさらなる百年」の開催
(神戸市のウェブサイト)
※プログラム、申し込み方法等は上記サイトをご確認ください。