理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

公開ソフト講習会 2016年度 第16回「GENESIS」開催(1月13日)

GENESIS Website 分子動力学法計算ソフト「GENESIS」は全原子モデルによる超並列分子動力学計算を行うSPDYNと全原子・粗視化モデルの両方を行うATDYNの二つのプログラムにより、細胞規模のシミュレーションから生体内反応の自由エネルギー計算まで幅広い研究をサポートします。

今回は、大学・研究所・医薬系企業などで計算化学を行う方を対象に実施します。講習会では、午前中には簡単な講義、午後は実習形式で、タンパク質シミュレーション・自由エネルギー計算の手法を講習します。

GENESISに関するお知らせ:2016.7.29   超並列分子動力学ソフトウェア「GENESIS」最新版を公開 ― 超並列計算に適した手法の拡張、GPGPU対応により、様々な生体システムの研究が可能に

講習会名 公開ソフト講習会 2016年度 第16回「GENESIS」
粒子系生物物理研究チーム
主催 理研 計算科学研究機構
共催 計算科学振興財団(FOCUS)、高度情報科学技術研究機構(RIST)、
重点課題(1) 生体分子システムの機能制御による革新的創薬基盤の構築
開催日時 2017年1月13日(金) 10:00-16:30(受付開始 9:30)
場所 計算科学振興財団(FOCUS)
〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-28 計算科学センタービル2F 実習室
(計算科学研究機構に隣接)
対象 大学、研究機関、または医薬系企業において計算化学に従事する研究者
参加要件 RISTFX10を用いるため、居住者
参加費 無料
端末 主催者側で用意
開催言語 日本語
定員 15名
関連ウェブサイト GENESIS
計算科学振興財団(FOCUS)講習会案内ページ

申し込み締め切り:2017年1月5日(木)

申し込み方法:
参加ご希望の方は、unyo[at]j-focus.or.jp([at]を@に変更してください)まで、
件名を 「参加希望 公開ソフト講習会 2016年度 第16回 「GENESIS」」 として、以下の内容の通知をお願い致します。
==================
《参加申込者》
・フリガナ:
・氏名:
・所属:
・職名:
・電話番号:
・メールアドレス:
・居住者・非居住者の別(※):
==================

問合せ先:unyo[at]j-focus.or.jp
※[at]を@に変更してください

注意事項:
・申し込み時にいただいた個人情報は、FX10のアカウント発行のためRISTにも提示します。あらかじめご了承ください。
・(※)居住者:外為法における居住者・非居住者の別について、講習会の当日時点での情報(居住者又は非居住者)をこちらの判定フローチャートに必要項目をご記入ください。
申込の際にメールに添付してご提出ください。