理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

公開ソフト講習会 2015年度 第17回「NTChem」開催(3月9日・東京)

NTChemは原子・分子に対する第一原理計算手法に基づいた国産分子科学計算ソフトウェアです。2013年8月に京コンピュータ上で公開されており、一般利用が可能になっています。 NTChemでは既存の量子化学ソフトウェアの持つ多くの機能をカバーしつつ、他のプログラムで利用することができない量子化学計算法も多く含んでいます。数千原子分子系に対する第一原理電子状態計算や数百原子分子系の化学反応過程追跡計算を実現するための分子科学理論が実装されています。さらに、京コンピュータなどの超並列計算環境で性能を引き出すことが可能な並列アルゴリズムも実装されています。本ワークショップでは,NTChemを実際に研究に利用している講師の方々からNTChemを利用した実例を中心に紹介してもらいます。

講習会名 2015年度 第17回 AICS公開ソフト講習会「NTChem」
(第5回 NTChem ワークショップ)
主催 理研計算科学研究機構 量子系分子科学研究チーム
開催日時 2016年3月9日(水)13:00-17:20(受付 12:30)
場所 東京 秋葉原UDX 6階カンファレンス
開催言語 日本語
参加費 無料
関連ウェブサイト NTChem
計算科学振興財団(FOCUS)講習会案内ページ

事前申し込み締め切り:2016年3月7日(月)(3月9日(水)当日会場での申し込みも受け付けます)

申し込み方法:
参加ご希望の方は、ntchem.ws[at]gmail.com([at]を@に変更してください)まで、
件名を 「第5回 NTChem ワークショップ」 として、以下の内容をご通知下さい。
==================
1. 参加者名:                (ふりがな)
2. 参加者所属:
==================
※2日たっても返信が届かない場合には、恐れ入りますが、
aics.ntchem[at]gmail.com ([at]を@に変更してください)
までお知らせください。

講習会プログラム

13:00-13:05 中嶋 隆人 (理化学研究所)「開会挨拶」
13:05-13:35 高木 望 (京都大学)「混合金属微粒子の構造、電子状態、吸着特性の理論計算〜希少元素の減量・代替を指向した触媒設計に向けて」
13:35-14:05 曽田 繁利 (理化学研究所) 「大規模並列第一原理密度行列繰り込み群法の紹介」
14:05-14:25 小杉 太一 (理化学研究所)「量子化学における正確な電子相関」
14:25-14:55 コーヒーブレイク
14:55-15:25 庄司 光男 (筑波大学)「NTChemによる光合成酸素発生中心の電子状態解析」
15:25-15:45 田代 基慶 (理化学研究所)「有機薄膜型太陽電池に関する研究」
15:45-16:05 コーヒーブレイク
16:05-16:35 川島 雪生 (理化学研究所)「NTChemとスパコンを用いた大規模フラーレン分子の高精度計算」
16:35-16:55 澤田 啓介 (理化学研究所)「Pseudospectral法を用いた二電子積分計算の高速化と高効率化」
16:55-17:15   NTChem利用に関しての意見交換会
17:15-17:20 中嶋 隆人(理化学研究所)「閉会挨拶」


問合せ先:
・NTChem ワークショップに関するお問い合わせ:aics.ntchem[at]gmail.com
・公開ソフト講習会全般に関するお問い合わせ:aics-soft-seminar[at]riken.jp

※[at]を@に変更してください