理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

「Spring School 2015」 講義4‐リオ-ダリング手法(1)

データ依存性の解決策、オーダリングについて(Red-Black, Multicolor(MC)、Cuthill-McKee(CM)、Reverse-CM(RCM)、オーダリングと収束の関係)、オーダリングの実装、オーダリング付ICCG法の実装について解説をする。

※講義4・5「リオ-ダリング手法(1)(2)」から、講義6・7「OpenMPによる
並列化実装(1)(2)」の内容へ動画途中で推移していきます。資料は両講義のテキストを掲載しています。