理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

第51回日本生物物理学会年会ランチョンセミナー 「計算生命科学における大規模計算の重要性」

[ 2013年10月28日 ]

生命科学の対象は、シミュレーションであれ、情報解析であれ、常に自由度間の相関の大きさに起因する大規模複雑系という困難さがあり、また系の著しい多様性による個別論として扱わざるを得ない。個別論とは、系における詳細にいたる特殊性が機能発現に与える影響を見ようというものであり、そこに考慮すべきモデルの自由度が増大するひとつの理由、即ち大規模計算の重要性がある。

第51回日本生物物理学会年会ランチョンセミナー 「計算生命科学における大規模計算の重要性」
※PDFファイルになります。

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。
PDFファイルに関しては、ページ最下部よりダウンロード頂けます

1
講師プロフィール 第51回日本生物物理学会年会ランチョンセミナー 「計算生命科学における大規模計算の重要性」
名前:木寺 詔紀 所属:理化学研究所 HPCI計算生命科学推進プログラム 副プログラムディレクター
略歴:外部ページ 著書:外部ページ

>> 資料ダウンロード1
Copyright © HPCI戦略プログラム分野1「予測する生命科学・医療および創薬基盤」http://www.scls.riken.jp/

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集