理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

シンポジウム-新生命科学分野開拓とスーパーコンピュータ「京」 大規模エピゲノムプロジェクトとデータ解析

[ 2013年09月19日 ]

シーケンス技術の進歩とコンピュータの性能の進歩とともにゲノム情報をもとにしたヌクレオソームやヒストンゲノムの構造変化や機能部位を予測することが可能になり、遺伝子の発現制御について研究が進められている。これらの情報は計算機によるデータ解析が必須。データ蓄積の増加とその解析に要する計算量の飛躍的増加による今後のゲノミクス解析について紹介。

シンポジウム-新生命科学分野開拓とスーパーコンピュータ「京」 大規模エピゲノムプロジェクトとデータ解析
※PDFファイルになります。

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。
PDFファイルに関しては、ページ最下部よりダウンロード頂けます

3
講師プロフィール シンポジウム-新生命科学分野開拓とスーパーコンピュータ「京」 大規模エピゲノムプロジェクトとデータ解析
名前:須山 幹太 所属:九州大学 生体防御医学研究所 教授
略歴:外部ページ

>> 資料ダウンロード1
Copyright © HPCI戦略プログラム分野1「予測する生命科学・医療および創薬基盤」http://www.scls.riken.jp/

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 全コンテンツ(分野から探す方へ)
  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム