理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Kcomputer 京について

ジャーナリスト 立花 隆

tatibanatakashi
ジャーナリスト
立花 隆

10ペタ達成おめでとうございます。

6月の“トップ500”で世界一の座を獲得したときは、フルパワー発揮ではなく、8割のパワーであの成績をあげることができた、と聞いてビックリしたが、早々の10ペタ達成にも驚いた。

もともとの設計性能が10ペタだったとはいえ、こんなに早くトップ性能が引き出せた背景には関係者のなみなみならぬ努力があったことと思う。これもひとえに斬新な富士通の高性能低電力消費型チップ(SPARC64TM VIIIfx)と6次元メッシュトーラスという独特のアーキテクチャ構造をとることで、高速性と高信頼性(壊れても全面的には壊れない。すぐ自己修復する)を同時に達成するという優れたハードウェア技術が見事に功を奏したが故にだと思う。

次のステップは、このすぐれたハードを見事に使いこなして、ソフトウェア(アプリケーション)と計算実績の面でも、世界一の業績を次々にあげていくことだ。それが実現できたら、ケタちがいの計算力を利用したケタちがいのシミュレーション力(速度と精度)で、日本の科学技術力と産業力を数倍レベルアップすることができる。日本の国力を数十倍にしていくことができる。

かねて日本がスローガンとしてきた「科学技術創造立国」がお題目でなく本当に実現できる日が来ることを期待したい。