理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

第13回 古典分子動力学法の高速化2

[ 2013年07月11日 ]

第13回に引き続き古典分子動力学計算の高速化の技術を紹介。特に並列化に焦点を当てて、拘束多重極展開法や通信量削減のノウハウを紹介。

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。
PDFファイルに関しては、ページ最下部よりダウンロード頂けます

0
講師プロフィール 第13回 古典分子動力学法の高速化2
名前:吉井 範行 所属:名古屋大学工学研究科附属 計算科学連携教育研究センター 特任准教授
略歴:外部ページ

>> 資料ダウンロード1
Copyright © HPCI戦略プログラム分野2「新物質・エネルギー創生」 http://www.cms-initiative.jp/ja

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集