理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

計算生命科学の基礎Ⅲ 分子シミュレーションを活用した創薬支援技術①~③

[ 2016年11月29日 ]

スーパコンピュタ「京」に代表されるような大規模計算環境の発展と分子動力 スーパコンピュタ「京」に代表されるような大規模計算環境の発展と分子動力学計算を中心とした分子シミュレーョン技術が相俟って、インシリコ創薬による開発プロセスの効率化と革新的な創薬支援が期待されている。特に、分子動力学計算標的タンパク質の動構造解析高精度結合自由エネルギー計算は、化合物作用機などに活されており、創薬支援研究欠かせい要素技術となっている。本講義では、分子動力学計算を活用したインシリコ創薬を概説し、国内外の動向、そして実際の活用事例などを紹介する。
http://www.eccse.kobe-u.ac.jp/distance_learning/life_science3

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。

0
講師プロフィール 計算生命科学の基礎Ⅲ 分子シミュレーションを活用した創薬支援技術①~③
名前:広川 貴次 所属:産業技術総合研究所 創薬分子プロファイリング研究センター 研究チーム長  筑波大学 医学医療系 生命医科学域 教授
略歴:外部ページ

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集