理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

ゴードン・ベル賞(ACM(国際会議SC12))

受賞理由

約2兆個のダークマター粒子の宇宙初期における重力進化の大規模計算を、「京」を用いて非常に高い実効性能で実現。1兆粒子を超す規模のダークマターシミュレーションは世界最大で、専用のアプリを開発した上で「京」全体の約98%を使用し、実効性能5.67ペタフロップスを達成。

受賞者

筑波大学、東京工業大学、理化学研究所の研究者が受賞